常陸牛について

天保3年(1832)徳川斉昭公が現在の水戸市見川町に桜野牧を設け黒牛を飼育した記録が残っています。昭和51年茨城県産牛銘柄確立推進協議会で黒牛和種を「常陸牛」と命名、昭和52年、茨城県常陸牛振興協会が設立されました。「常陸牛」は、指定生産者の情熱と長い期間培われた改良や確かな技術に支えられ銘柄牛「常陸牛」という高級ブランドとなって誕生しました。30ヵ月余りにわたり、磨かれた飼育管理技術と厳選された飼料のもとに育てられ飾肉取引規格A.Bの4と5等級に格付された肉質の優秀なものだけが、「常陸牛」と呼ばれます。

2001